ビタミンC誘導体は高い美白効果が得られる

img-1

ビタミンCは水溶性であるために安定しにくく、肌に吸収されにくいという特徴がありますが、このビタミンCを安定させ肌に浸透しやすい形にしたものがビタミンC誘導体というもので、水溶性と脂溶性、新型の3種類があります。



水溶性はリン酸とナトリウムを結合させて皮膚への吸収率を高めたもので、イオン導入などで肌の奥まで浸透させることができます。


脂溶性は皮脂や細胞間脂質とも相性がよく、油に溶けやすい性質を持っており、高濃度でも安定性が高く、刺激も少ないので、クリームやジェルなどの化粧品に配合することができます。



新型は、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えることで親油性が高まったもので、脂質と水分、両方に馴染みやすい特徴を持っています。



角質層だけではなく真皮層にまで浸透しやすく、その浸透力は水溶性の100倍といわれています。



ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンを還元して細胞を活性化させることで肌のターンオーバーを正常化させて美白肌に導きます。



さらに、活性酸素を抑制する作用もあるため、メラニンが生成される過程で発生する活性酸素を抑え、美白効果や肌の老化自体も防止します。

また、コラーゲンの生成を促進する働きもあるため、ビタミンC誘導体が真皮に浸透することでシワやニキビ跡も改善できたり、皮脂分泌をコントロールできるので、ニキビができるのを防止する作用もあります。ビタミンC誘導体はその高い美白、美肌効果から様々な化粧品に配合されている安全な成分です。



関連リンク

img-2
ビタミンC誘導体配合の美白化粧水がお気に入り

最近気に入って使っているのが、ビタミンC誘導体配合の美白化粧水です。ずっと前から白くて美しい肌に憧れがあって、今まで色々な化粧水などを試してきたのですが、このビタミンC誘導体配合の美白化粧水が私には一番合っていました。...

more
img-2
肌への浸透力が高いビタミンC誘導体の美白効果

レモンやオレンジなどの柑橘系フルーツに豊富に含まれるビタミンCは、抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑制するなど、美白効果が高いことで知られています。そのため、ビタミンCを含む食べ物を摂取することによって、シミやくすみを改善したり、予防することが可能です。...

more
top