リノール酸の美白効果って何なの?

img-1

人体には、体内で合成できない成分が多くあり、それらは食事などで摂取するしかありません。
リノール酸もその中の1つであり、リノール酸は美白効果があることが知られています。

主な効果としては、保湿や抗炎症作用、アンチエイジングです。

皮膚のバリア機能を向上させる事ができるので、肌が損傷しにくくなり、且つ損傷したとしても回復が早くなる効果を期待できます。


リノール酸は、肌への親和性が高いのも特徴です。



これにより、角質から水分が蒸発する事を防ぐ効果が高まります。



しかし、参加しやすいという一面もあるので、それらをカバーするために、大抵の製品には一緒にオリーブオイルやウィーとジャムオイルなどが含まれていることが普通です。



肌への新党性能が高いので、しつこいメラニン色素などに簡単に作用して、美白を助けてくれます。

神秘にあるメラニン色素を効果的に刺激する事ができるので、シミを除去しやすくなるだけでなく、その後シミなどができにくくなる効果もあります。



しかし、浸透しやすいという事は、表皮にはなかなか残留しないので、シミの原因が表皮にある場合には、リノール酸はあまり効果的ではないということになります。

そこで、リノール酸を酵素処理して、メラニン色素が存在する場所にとどまる性能を高めるようにしている製品が多いです。



美白効果の高い成分ですが、過剰に摂取してしまうと、アレルギー症状の悪化に繋がったり、逆に老化の促進になってしまう事もあるので、適正な範囲内で摂取する事が大切です。



関連リンク

img-2
ビタミンC誘導体は高い美白効果が得られる

ビタミンCは水溶性であるために安定しにくく、肌に吸収されにくいという特徴がありますが、このビタミンCを安定させ肌に浸透しやすい形にしたものがビタミンC誘導体というもので、水溶性と脂溶性、新型の3種類があります。水溶性はリン酸とナトリウムを結合させて皮膚への吸収率を高めたもので、イオン導入などで肌の奥まで浸透させることができます。...

more
img-2
ビタミンC誘導体配合の美白化粧水がお気に入り

最近気に入って使っているのが、ビタミンC誘導体配合の美白化粧水です。ずっと前から白くて美しい肌に憧れがあって、今まで色々な化粧水などを試してきたのですが、このビタミンC誘導体配合の美白化粧水が私には一番合っていました。...

more
top